もずく酢の汁は飲んでもいいのか?カロリーや塩分を調べてみた!

グルメ

コンビニやスーパーに並ぶパック入りのモズク酢、食べた事がある方も多いと思います。

モズク酢は低カロリーで、血圧の上昇を防ぎ、体の免疫力を高める効能もありダイエット中の方だけでなく、積極的に食べたい食品ですよね。

でも、気になるのはパック入りのモズク酢の汁。

この汁は飲んだほうがいいのか、飲まないほうがいいのか、迷ったことはありませんか?

捨てるのは勿体ないような、飲むと体に悪いような・・残った汁を目の前に迷っているあなたに、今回は汁を飲むのか、飲まないのかそのどちらが良いのか、などを調べてみました。

またモズク酢の汁を活用したモズク酢のおいしい食べ方などご紹介します。それでは、一緒にみていきましょう。

スポンサーリンク

パックのモズク酢の汁を全部飲んでも大丈夫なのか?

モズク酢を食べる人にもよるのですが、汁も食品ですので飲んでも大丈夫です!おなかを壊したりなどという心配はありません!

ですが、モズク酢の量によって、容量の多いものの汁を全部飲んでしまうと、気分が悪くなったりするのでお気をつけください。

汁を飲むことで問題なのが、モズク酢の汁は「調味料」が沢山入っていること!

もともと味のないもずくに味付けするための汁ですので、塩分や糖分が沢山入っています。

ダイエット中の方や、塩分を気にされる方は特に、この汁を飲んでしまうと、もともと低カロリーなのが魅力で、もずく酢を食べていても、汁でカロリーを余分に摂ってしまいます。

血圧上昇を防ぐ目的でもずくを食べても、汁の塩分の摂り過ぎで血圧上昇を招いてしまったり・・と、もずく酢の汁は気をつけなければならないところが多いのです。

では、どのくらいの塩分やカロリーが、もずく酢の汁に含まれているのか?とても気になりますよね。

次は実際に販売されているものをいくつかピックアップして、もずく酢の汁に含まれる塩分やカロリーをご紹介していきたいと思います!

もずくのカロリーや糖質はどれくらい?ダイエットに向いてるのはなぜ?
もずくって体に良さそうな感じはするけどカロリーや糖質はどれぐらいなのでしょうか?また、もずくはダイエットに向いているのでしょうか?そんな疑問があったので、カロリーや糖質について調べてみました。ダイエットにどのような効果があるのかも調べてみま

パックのもずく酢の汁のカロリーや塩分について

まず、もずくそのもののカロリー、塩分は共に「0」です。ミネラルなど体によい成分はあるものの、もずく自体には味もカロリーも全くありません。

それを加工して三杯酢(砂糖や醤油や酢を調合したもの)と合わせたものがパック入りのもずく酢となります。三杯酢を合わせて食べることによってどれくらい変わるのか、参考までに何社か調べてみました。(100gあたり)

A社もずく酢

・カロリー:36Kcal

・塩分 :1.6

B社もずく酢

・カロリー:32Kcal

・塩分:1.2

社もずく酢

・カロリー:37Kcal

・塩分:0.5

もずく酢の量にもよるのですが、小さなもので50g~60gくらいのものが多いので

約半分ぐらいを目安にしていただくとよいのですが、このカロリーも含まれる糖分のカロリーが大半なので三杯酢からカロリーを摂っているといっても間違いありませんよね。

できるだけカロリーや塩分を控えたい方は、汁は飲まないことをおすすめします。

消費者庁の調べでは、1日の塩分摂取量(目標量)は、男性で8g、女性で7gとされています。

あなたも食塩摂取量を減らせるー消費者庁

 

少量のもずく酢の汁に、それだけの塩分が入っていると思うと、少し多く感じ、控えたくなりますよね。

汁は味が濃い、カロリーも塩分も十分にある、このことを気にしておきましょう。

ですが、せっかく美味しいのにもったいないと感じる方もいらっしゃるはずですよね。

捨ててしまうことなく、もずく酢の汁を活用して無駄なくおいしく食べる方法もありますので、次はパックのもずく酢の汁を活用したおいしい食べ方などをご紹介します。

もずく酢を食べるタイミングが重要!ダイエットに最適なのはいつ?
さっぱりとしたのどごしがそうめんとも合いそうなもずく。夏の暑い季節には冷たく冷まして、 冷やし中華とともに食べるのも美味しいです。 その他の食品と比べても、とてもカロリーが低いうえに、非常に豊富な栄養素を兼ね備えているもずくですが、...

パックのもずく酢のおいしい食べ方

いくつか美味しくいただく方法をご紹介します。是非試してみてくださいね。

1.野菜を加えて和え物にする

パックのもずく酢だけを食べると、汁は味が濃いままになってしまいますよね。

その味の濃さを利用して、きゅうりや山芋の千切りなどを入れると手軽に一品完成します!三杯酢を作る必要がないのでとても簡単ですよね。

2.スープに混ぜて、酸辣湯!

もずく酢の汁は味が調整してあるので、いつものスープに加えるだけでとても簡単に

酸辣湯ができてしまいます。

詳しい作り方が紹介されていたので、ご参考までに

↓↓↓

酸味がクセになる!もずくのサンラータン レシピ・作り方

https://www.kurashiru.com/recipes/e6578fe1-ef18-4285-a0a0-b41510e72ba4

わかめスープに加えるのもいいですね!

3.いつもの食材にかける

豆腐や生の野菜の上からかけるだけ!味付けする必要がないから、あっという間に

変わり冷ややっこやもずくと野菜のサラダが完成します。

4、麺類に加えてみる

夏場は食欲が落ちてしまいがち、そんな時に素麺やゆでた中華めんに、もずく酢をかけると

さっぱりと頂くことができます。麺の量によっては味が薄く感じてしまうかもしれませんので、更に酢を加えたり、めんつゆなどを活用すると良いと思います。

沖縄産モズクの三種類もずく酢セットの紹介

もずくといえば沖縄が有名ですね。日本でとれるもずくのほとんどが沖縄産です。そんな沖縄産のもずく酢の紹介です。

三種類のもずく酢のセットです。

黒酢の三杯酢、青じその三杯酢、米酢の三杯酢のせっとになります。

賞味期限も21日と長いのでまとめ買いして、毎日たべると腸活になりますので、お通じもよくなりそうです。

 

 

まとめ

もずく酢の汁、おいしいのですが飲んでしまうと、余計なカロリーや塩分を摂ってしまいます。

そのまま飲むのはあまりおすすめできませんが、味付けされた汁を利用して、いろんなアレンジレシピにも挑戦することができます。

もずく自体は味はありませんが、栄養はたくさんあります。特に暑い時期などは、さっぱりと食べられるので、いつも冷蔵庫にあるといいですね。

いろんなアレンジ料理もたくさんあるので、ぜひ色々試されて、もずく酢をおいしく召し上がってくださいね!

もずくの効能がすごい!薄毛や髪のトラブルにいいその訳とは?
もずくは健康にとってとても効果がある食品です。  今まで体調不良を感じていた方なら、 もずくはとても気になる存在でしょう。 健康ももちろん気にかけたいところではありますが、 同じように髪の毛もとても気になりますよね。  もずくが...

   

コメント