ブイヤベースとアクアパッツァの違いはイタリアとフランスの郷土料理だった!

グルメ

日本では幅広く国外の料理も親しまれるようになってきました。その種類も和・洋・中など実にさまざまです。

皆さんはどの国の料理が好みでしょうか。その中でも洋食といえば、みなさんはどんな料理を思い浮かべるでしょうか。

ヨーロッパ風の料理で有名なものに、ブイヤベースとアクアパッツァがあります。皆さん一度は食べたことがある味ではないでしょうか。

ところでこのブイヤベースとアクアパッツァですが、名前の違いはもちろんのこと、どのような風味の違いがあるのでしょうか?

どちらも主に魚介類を使用した料理になります。今回はブイヤベースとアクアパッツァの違いについて、簡単な調理方法とともにご紹介していきます。

スポンサーリンク

●ブイヤベースとアクアパッツァの違いとは?

イタリア料理といえばパスタが人気ですよね。パスタには野菜がふんだんに盛り込まれたものや、魚介類をたくさん使用したものなど、バリエーションが実に豊富な料理です。

イタリア料理店のメニュー表でよく目にする機会の多い、ブイヤベースとアクアパッツァ。いったいどのような違いがあるのかご存知でしょうか。

以下に、ブイヤベースとアクアパッツァの違いについて、詳しくまとめています。

・ブイヤベースについて

香草をふんだんに使う点が特徴的。魚介も、貝だけではなくイカやエビなど使います。材料に使われるトマトは、トマト缶を使うため、煮込みの最中に、原型がなくなってゆきます。

そのため、出来上がりは、スープのような仕上がり。トマト缶は、ホールではなく、ダイスカットのトマト缶を使用します。

白身などの魚を焼かずに、そのまま、野菜などと一緒に、トマトベースのダシに入れて、煮込みながら火を通してゆくのです。

ブイヤベースはフランスの郷土料理です。主に南フランスで親しまれています。ちなみにブイヤベースをフランス語で、「bouillabaisse」といいます。「bouill」は「煮る」という意味。

ブイヤベースは煮立たせることなく、じっくりを時間をかけて火を通すのが肝心です。

・アクアパッツァについて

だしは、水と白ワインで作る方法が一般的です。お店によっては、日本酒を使用したレシピも。

白身魚などに火を通して、焼き色をつけます。焼いた魚と、貝などの魚介類とトマトを一緒にフライパンに入れて、煮込んだものです。ブイヤベースとは違い、トマトの原型は残っています。

アクアパッツァはイタリアの郷土料理です。イタリアの人にとってアクアパッツァは、家庭で広く親しまれてきた、煮込み料理なのです。

どちらも、トマトベースであることと、魚介をふんだんに使ったレシピであるという点に、共通事項がありました。

ヨーロッパが発祥の郷土料理だったのですね。ブイヤベースがスープ料理、アクアパッツァが煮込み料理と覚えておくと、間違わずに暗記できますよ。

●ブイヤベースを簡単に作る方法

ブイヤベースは店で食べてももちろん美味しいですが、自宅で本場の味を再現できたらとても嬉しいですよね。

ブイヤベースを簡単に作る方法があれば、いつでも好きな時にブイヤベースを、食べることができるようになるのです。以下で、ブイヤベースを作る、簡単な調理方法について見ていきましょう。

・圧力鍋でじっくりと

…ダシ素材には、トマト缶を使用します。サイズは必ず、ダイスカットのものを準備しましょう。

魚介類は、購入してきてもよいですが、冷凍タイプのものを使うと、お手軽で、調理時間の短縮にもなります。

キャベツやじゃがいも、玉ねぎなど、お好みの野菜を、一口大にカットして、白身の魚とともに、ダシの入った圧力鍋に入れます。

しばらくしたら、軽く塩コショウ、香草を適量と、砂糖を大さじ3いれます。弱火で、20分から30分ほど蒸したら出来上がりです。

トマトベースのダシだけでも、野菜や魚介の旨味が、十分に染み込んでいる為美味しいです。もっと風味を濃くしたい方は、コンソメなどいれても美味しく仕上がります。

香草はお好みのものを入れましょう。トマトと相性のよいものに、バジルやローズマリーがあります。

ブイヤベースを作る重要なポイントは、ダシを煮立たせないことです。普通のフライパンだと、時間がかかってしまいます。

圧力鍋を使うことで、調理時間を短縮できるうえ、味のよく染み込んだブイヤベースになってくれますよ。

●アクアパッツァを簡単に作る方法

ブイヤベースを自宅で手軽に作れる方法が分かったら,今度はアクアパッツァも作ってみたいですよね。

使われている食材が似通っているので、ブイヤベースを自分で作ったことがある方なら、アクアパッツァを作るのも容易にトライできるでしょう。以下で、アクアパッツァの簡単な、調理方法について詳しくまとめています。

・フライパンでささっと

…魚介は、アサリなど準備して、砂抜きをしておきます。砂抜きの工程が面倒に感じているなら、魚介の缶詰を使用してもよいです。

カットしたトマトと、白身魚や魚介などを、フライパンに入れて、オリーブオイルで、軽く塩コショウして、焼き色をつけましょう。

程よく焼き色がついてきたら、白ワインをベースにしたダシの中に入れます。十分煮込んで、仕上げに塩コショウをしたら、出来上がりです。

フライパンは深めのものがおすすめです。また、蓋をすることで、火が均一に具材に行き渡り、短時間で仕上げることができます。

まとめ

●ブイヤベースもアクアパッツァもとても作りやすかった!
イタリア料理を作れるだけで、何だか料理上手になったような気分になれます。ブイヤベースもアクアパッツァも、使われている食材は同じ魚介類が主なものです。

もちろん魚介類をふんだんに使う調理もよいですが、自宅で作るからこその、自由な料理を創作してみましょう。

野菜や肉を使った、調理方法もよいです。みなさんもぜひ、自分だけの特別で美味しい、ブイヤベースとアクアパッツァを、作ってみてくださいね。

コメント