温泉卵を上手に割る方法の解説!たまごは新鮮じゃないほうがいい!

グルメ

丼やラーメンなどに乗っている、とろっとした食感の温泉卵。温泉卵はとても美味しいですよね。

美味しい温泉卵にあこがれて、自宅で作った経験がある方もいらっしゃるでしょう。殻の割り方が普通のゆで卵とは違うので、悩んだという方もいらっしゃるのではいでしょうか。

失敗しない温泉卵のレシピや殻の割り方を知っておけば、お店で注文したときや、自宅で食べるとき、迷うことなく殻を割ることができますよ。

温泉卵の上手な殻の割り方や、美味しい食べ方など紹介していきます。

スポンサーリンク

●温泉卵を上手に割る方法の紹介

油断して剥いてしまうと、つい白身が殻にくっついてしまう温泉卵。美味しいのはよいのですが、毎回殻を剥くのには苦労させられます。

この面倒を防ぐにはどのようにすればよいのでしょうか。さまざまな方法を見ていきましょう。

・殻を数回振り回してみる

殻を割る前の卵を、複数回振ってみましょう。

温泉卵は調理後、冷やして長時間経過してしまうと、殻と白身が中でくっついてしまいます。振り回して衝撃を与えることで、白身と殻とを離れやすくすることができます。

このとき、あまり激しく行わずほどほどを心がけましょう。

特に黄身が半熟だったなら、破損してしまう恐れがあります。

・新鮮な卵を使用しない

卵が新鮮なほうが、美味しい温泉卵を作れるように感じてしまいますが、卵は数日間経過したもののほうがおすすめ。

これは、産みたての新鮮な卵であればあるほど、中身にたくさんの二酸化炭素が充満しているためです。

この二酸化炭素が茹でたとき膨張してしまい、白身が殻とくっつきやすくなる原因となるからです。二酸化炭素がある程度抜けていた温泉卵のほうが、殻と白身が離れやすくなっているので、上手に割ることができますよ。

どちらのやり方を行う場合も、黄身が半熟の場合、慎重に丁寧に殻を割ります。

関連記事

ゆで卵がむきにくいその原因をスッキリ解決!一瞬でむける裏技とは?
子供から大人まで人気のあるゆで卵ですが、卵の殻ってどうしてあんなに剥きにくいのでしょうか。殻が剥きにくい原因から、その対策方法までをご紹介していきます。

●温泉卵を茹でる時の温度と注意点

温泉卵は、茹でるときの温度と卵の温度が重要でした。

冷蔵庫から取り出したばかりの卵だと、冷たくなってしまっていますよね。急に熱湯に浸すなど、激しい温度変化を与えると、卵の中身が膨張してしまい、くっつきやすくなるのです。

温泉卵を茹でる際の、注意点などを以下にまとめました。

・適切な温度

温泉卵を作るのに最適な熱湯の温度は、68度から69度です。

必ずこの一定の温度を保ったまま、30分間茹でましょう。茹で始めは、必ず水から火を通すことが重要です。

最初から熱湯を通すなど、卵に急激な温度変化は与えないようにします。茹でている最中に、ひび割れなど起こしてしまう原因になるからです。

・水の量

鍋の中にある卵が隠れるくらいが目安の量です。

正確に測る必要などはありません。少ない分量の水でも、調理することはできますが、水が沸騰し始めた頃に、ちきんと蓋をしてあげるようにします。

・卵を常温に戻しておく

卵と水の間に、温度差が少ないほうが、早く卵全体に、熱が行き渡ります。冷たく冷えた卵ではなく、常温に戻したものを使用します。

美味しい温泉卵作りには、大切なポイントです。素早く熱が行き渡るので、調理時間の短縮にもなります。

・茹でる前の下処理

卵の尖っていない丸っこい方に、押しピンなどで穴を開けておきましょう。すばやく熱が卵全体に行き渡るので、調理時間の短縮にもなります。

また、熱湯にくぐらせたときに、殻が割れてしまうのを防ぐこともできます。

穴が大きすぎると、白身がお湯に飛び出すことがあるので注意しましょう。

沸騰するまえに、大さじ1程度のお酢を入れることもおすすめ。お酢には、タンパク質を凝固させる働きがあるため、飛び出した白身を止めることができます。

・じっくりと温める

早く温泉卵を茹でてしまいたくなりますが、慌てず、じっくり時間をかけて茹でましょう。

目安は、おおよそ30分前後です。卵に工夫を施すことで、少しは時間短縮もできますが、早く、きれいな温泉卵を作るためには、面倒でも、時間をかけて調理しましょう。

 

これさえあれば失敗しないで、温泉卵ができちゃいます!

 

●温泉卵を美味しく食べるコツ

カレーや丼などのご飯ものや、麺類とのトッピングに最高に相性のよい温泉卵ですが、さらに美味しくいただくには、調味料を活用しましょう。

下記にいくつかまとめておきます。

・めんつゆ

普通に醤油をかけてでもおいしいですが、めんつゆの方は、だしも効いていてさらに温泉卵の味が引き立ちます。

・ごま油

ラーメンに温泉卵を乗せたあとに、ごま油をかけてみてください。香ばしい風味とよい香りで美味しさも一層引き立ちます。

ごま油がなかったときは、ラー油でも代用できます。ごま油はまろやなのに対して、ラー油はぴりりとした刺激です。

その他にも、サラダやスープにトッピングしたり、温泉卵は、どんな食材とも相性がよいです。

まとめ

温泉卵は栄養満点でおいしかった!

温泉卵は、熱湯に通して作るだけなので、特別な知識や技術は必要ありません。いままで、難しそうと敬遠していた方でも、温泉卵作りにぜひ気軽にチャレンジしてみてください。

毎日のお弁当にも活躍間違いなしです。失敗しない温泉卵をマスターできなたなら、ピクニックにも温泉卵を持っていきましょう。

お店で食べるのとはまた違った味わいで楽しめますよ。

自分で作った温泉卵なら愛着も湧きますね。

コメント