愛知県刈谷わんさか祭り、花火大会の場所取りは前日の午前6時からです

イベント

刈谷わんさか祭り2019・花火大会

2019年08月17日(土)

花火大会19:00~20:15 ※荒天中止

場所:刈谷市総合運動公園 

ホームページ:https://www.kariya-guide.com/

刈谷わんさか祭り2019パンフレット 

市内にある刈谷総合運動公園ふきんから音楽と共に打ち上げられる花火を見ることができ、来場者が年々増加しています。

スポンサーリンク

公園内での場所取りは、前日の6時からです

正面で打ち上げられる花火を間近で見るために前日の場所取りで早朝5時頃から並ぶ人もたくさんいます。

物心つく前からこのお祭りは毎年開催されていて、小学生までは家族や父と出かけて中学生の頃には友達と浴衣を着て行ったこともあります。

毎年のことながら人がとても多く出店もたくさん出ているのですが、ひとつ買うのに平均10分くらい、混んでいる時は20.30分など時間がかかってしまうこともありました。

私は去年2018年度のわんさか祭りで最も綺麗に見られる河川敷で場所取りをしてもらい、寝転びながら花火を見ることが出来ました。

河川敷には場所取りできる場所が指定されていますが、エリアが広く自分達がとったシートの場所を見つけるのが一苦労でした。

兄や友達とシートで集合出来たのは花火が始まって30分程経った頃で、出店や持ってきたお菓子などを食べながら目の前で打ち上げられる花火を眺めました。

花火が終わってからは見に来ていた人全員が一斉に動き出すので、公園から出るのにも相当な時間がかかってしまい大変でした。

家族連れで来ている人も多いので小さな子供とぶつかりそうになってしまうのに気をつけながら、人の歩いている流れに沿って進むこと10分または15分程で河川敷から公園出口へ行けると思います。

刈谷駅やその他バス停から送迎バスも出ていますが、花火の最終まで見ていると乗れなくなってしまいます。

今年2019年度は公園から少し歩いた一ツ木駅付近の金寿司というお寿司屋で食事をし、花火が後半に入る頃に近所の公園へ移動して花火を見ました。

寿司屋は値段が高く入りにくい感じが少しみられますが、普段は寡黙で時おり見せる笑顔が素敵な大将が出してくれるお寿司はとても美味しいです。

お寿司以外にもその日に仕入れられた魚の煮付けや白身魚の天ぷらなど裏方の女将さんも美味しい料理を出してくれるお店です。

花火を見た公園は一ツ木駅から5分程の場所で、知立バイパス沿いの道から1本入った所にある「朝暮公園」という名前です。

私は母から話は聞いていたのですが、今年初めてこの公園に行きました。公園内の遊具に座って花火を眺めることができますが、唯一蚊が多いのが大変です。

滑り台の上に近所の子供たちが集まって、木々の隙間とその上に大きく見える花火を見ていたのがとても印象に残っています。

クライマックスに近づくにつれて犬の散歩にしながら近くに住むおじいちゃんおばあちゃん達も顔を出してみんな花火に見入っていました。

公園内で屋台などぶらぶらしながら花火が始まる頃に近くに座って眺めたり、場所取りをして河川敷でワイワイするのもいいですが、総合運動公園から少し距離があっても小さな公園で静かに花火を堪能するのもまた夏の風物詩を味わえていいのではないでしょうか。

お盆の終わりがけに開催されるわんさか祭り、近くを通られる際は車の中からでも楽しめると思うので見上げてみてください。

※この記事はライターのSさんが書きました。

コメント