そら豆を焼くのとゆでるのではどっちが美味しい?栄養の違いは?

グルメ

春の味覚に代表される野菜はじつにさまざまです。そら豆もそんな野菜たちの仲間のひとつ。

シンプルに塩ゆでされたものでも、十分美味しく食べることができて嬉しいですね。

おかずを一品つけたしたいとき、お酒のおつまみになにか欲しい時、食べごたえも十分あり、調理も短時間で済ませられるそら豆は、なにかと重宝します。

そんなそら豆ですが、焼きでの調理方法にも挑戦してみましょう。

ところで、ゆでたときと、焼いたときとでは、そら豆の栄養価は変化するのでしょうか。

料理にこだわる方にとっては気になるところですよね。調理方法によって変化する栄養や美味しい食べかたなど、そら豆の焼き方とともにご紹介していきます。

スポンサーリンク

●そら豆をトースターで焼く時の注意点

野菜を加熱調理するとき、皆さんはどんな道具を思い浮かべるでしょうか。

フライパンやオーブンレンジ、蒸し器など、調理道具はじつにさまざまですよね。

オーブントースターを使って、そら豆を焼いてみてください。ゆでとはまた違った風味で美味しいでしょう。

以下に、トースターで焼く方法や注意点などまとめました。

・そら豆の並べ方

…アルミホイルの上にそら豆を並べます。このとき、あまり詰めすぎないように注意しましょう。そら豆同士が重なってしまう部分が出てくると、トースターの熱が行き渡らないそら豆が出てきてしまいます。

仕上がりに焦げた部分が出てきたり、中途半端に半焼けになった部分の原因になります。きれいに並べたら、軽くしお、こしょうをふりかけて、ほんのり焼き色が付くまで火を通します。

・加熱時間

目安時間はおよそ15分程度です。そら豆を皮ごと焼くのか、さやごと焼くのかで、多少加熱時間は変化します。

最初は、短い時間設定で火を通して、時々、火の通り具合を確認するようにしましょう。
一気に焼こうとすると、焦げなど失敗の原因になるため注意が必要です。自分の好みの焼き色が付いたら出来上がりです。

●そら豆は焼いた時とゆでた時では栄養は変わるのか?

ゆでたそら豆は食卓でもその姿を頻繁に目にするでしょう。

焼いたそら豆はどうでしょうか。調理後の状態が違っているので、味わいも違うようなイメージですね。

姿同様に栄養価も変化するのでしょうか。結論から言いますと、焼いた時と茹でた時での栄養価は、ほぼ変わらないようです。

野菜を茹でこぼすと、栄養素が抜けてしまうということは、一般的にもよく知られています。
野菜をさまざまな方法で調理したあとの、栄養の変化を参考にまとめました。

・焼きの場合

…野菜は生食で食べたほうが、野菜そのものの栄養価を、体に取り入れられるというのはよく聞く話ですね。

これは、野菜の持つ酵素が、火を通すことで破壊されてしまうためです。ですが、熱を通さない野菜は固いため、たくさんの人にとっては食べにくく、消化にも負担がかかってしまいます。

そのため、一度にたくさんは食べられません。

これでは、野菜すべての栄養価を取り損なうことにも。

一方、火を通した野菜は、ほっこりと柔らかく食べやすくなっています。あたたかな食感で美味しいうえに、消化に負担もかかりません。

火を通すメリットは他にもあります。

火を通すことで栄養価が高くなる野菜も存在しています。野菜自身が持っている硬いプロテクターが、火を通すことによって破られて、野菜の栄養価をダイレクトに取り入れられるようになります。

・ゆでの場合

…野菜に含まれているさまざまな栄養素の成分に、「水溶性ビタミン」というものがあります。これは、ビタミンC、ビタミンB1やビタミンB2のことです。

これらの栄養価は、ゆでた時にほとんど失われてゆきます。

また、ゆでると失われる成分に、カリウムなど水に流れやすい栄養価も含まれます。これらの栄養素は、水に流れやすく、また、熱にも弱いといった特徴を持っています。

ゆで時間によっても、失われている質量は変化してゆきます。

長時間ゆでることをしなければ、大量に失われることはないでしょう。そら豆をゆでた場合のほうが、アクや臭みも取れるうえ、柔らかく食べやすくなります。

固さが残っているよりも、消化の負担を減らすことができるのです。

こうしてたくさん量を摂取できることを考えると、効率よくたくさんの栄養価を、取り入れることができていると言えます。

そら豆の主な栄養素は、ビタミンB群やビタミンC、タンパク質やカリウムです。どちらの調理方法にしても、そら豆の栄養価を活かすのは工夫次第といったところです。

スポンサーリンク

●焼いたそら豆の美味しい食べ方

ゆででも、焼いてももちろんですが十分美味しいそら豆。

味付けはやはり、シンプルに塩焼きですよね。トースターで焼く場合には、さやごと焼くのかおすすめの調理方法です。

夕飯のおかずやお酒のおつまみに、また、お弁当のおかずの一品に加えてもよいですね。そんな美味しい焼いたそら豆の食べ方などまとめました。

・麺類にトッピング

…焼きそら豆を、焼きそばやパスタにトッピングします。

そら豆のクリームパスタ

茹でたパスタと市販のクリームソースと焼きそら豆を和えるだけです。お好みで、チーズを混ぜても美味しいです。最後に黒胡椒をかけると、味が引き締まります。

また、マヨネーズを一緒にかけても美味しいでしょう。ほんのり焼き色が付いてふっくらなそら豆の食感が、麺と絡んで香ばしい風味です。ラーメンにトッピングしてもおすすめです。

・カレーにトッピング

…カレーライスにも、もちろんよいですが、カレースープのトッピングはいかがでしょう。
スパイスの効いたカレーに焼きそら豆が、さらに香ばしさをプラスしてくれます。

また、カレードリアにも合います。

その他の野菜と一緒に炒めることで、そら豆特有の匂いも和らぎ、さらに美味しくいただくことができます。

 

まとめ

●そら豆はゆでても焼いても美味しい食材だった!

そら豆には、じつにたくさんの栄養価が含まれていました。その成分は、どんな調理方法をとっても失われることはありません。

みなさんも、野菜の持つ特徴にもっと注目して、おいしいそら豆のレシピを考案してみてください。

こちらの記事もどうぞ

🔷そら豆の正しい保存法とは?冷凍保存する場合どのように行う?

🔷そら豆を皮ごと茹でる時のゆで時間はどれくらい?さやごとと違うの?

 

コメント