ゆで卵がむきにくいその原因をスッキリ解決!一瞬でむける裏技とは?

グルメ

ゆで卵は、熱湯を通して茹でるだけで、すぐにできあがる簡単な調理方法です。そのうえ、手を汚すことなくすぐに食べられるので、忙しい方にとっては、ありがたいですね。

お弁当のおかずに常備すると、時間短縮もできて一石二鳥です。そんな子供から大人まで人気のあるゆで卵ですが、卵の殻ってどうしてあんなに剥きにくいのでしょうか。

殻が剥きにくい原因から、その対策方法までをご紹介していきます。

スポンサーリンク

●ゆで卵が剥きにくい原因の解説

できたての茹で卵を早く食べたいのに、焦って剥いてしまい、身まで剥がれてしまったという経験は誰でもあるものです。

身を剥がすことなく、きれいに剥くためには、何が大切なのでしょうか。

剥きにくいゆで卵の中では、何が起こっているのかを見ていきましょう。

・炭酸ガス

ゆで卵の中は身以外にも、とてもたくさんの二酸化炭素が含まれています。

茹でている卵の中では、この二酸化炭素のために、殻の中で炭酸ガスが発生しています。

炭酸ガスは、卵の内部にある薄い被膜と卵白を密着させる働きがあります。この密着が強いほど、卵の殻は剥きにくく、身が剥がれやすくなるのです。

・新鮮な卵

卵が新鮮なものであるほど、卵白にたくさんの二酸化炭素が蓄えられています。

二酸化炭素の密度が多いものほど、熱湯を通したときに、膨張させる働きが強くなるため、卵白と卵同士がくっつきやすくなってしまうのです。

産みたての新鮮な卵は、茹で卵には不向きなようですね。目玉焼きや厚焼き玉子に調理していただきましょう。

ゆで卵に向いていたのは、数日間過ぎたものでした。

関連記事

温泉卵を上手に割る方法の解説!たまごは新鮮じゃないほうがいい!
失敗しない温泉卵のレシピや殻の割り方を知っておけば、お店で注文したときや、自宅で食べるとき、迷うことなく殻を割ることができますよ。温泉卵の上手な殻の割り方や、美味しい食べ方など紹介していきます。

●ゆで卵が一瞬でむける裏技

殻の表面に隙間があればあるほど、ゆで卵は剥きやすくなります。

隙間があれば、卵白と殻との間に空気が入り込んできてくれるので、密着させる力を分散させることができるからです。

卵に隙間を作るための準備など以下にまとめました。

・しばらく浸水させる

茹でた後の卵にあらかじめ、ヒビを入れておきましょう。熱湯から上げたら、すばやく冷水に浸します。

熱湯から、冷水と急激な温度差をつけてあげることで、卵の伸縮する性質を利用しています。

中身と殻の伸縮のタイミングはずれているため、ちょうどよく、隙間が生み出される仕組みです。

茹でたての熱が冷めて、卵が十分冷えたころがよいタイミング。

この下処理を行うことで、剥き始めをスムーズに進めることができます。

殻を剥くとき、均等にひび割れを全体に入れるために、テーブルやまな板の上などで、卵を転がすようにしましょう。

あまり力をいれずに行うことがポイントです。

・殻に画びょうで穴を開ける

茹でるまえの卵のおしりに、画びょうで穴を開けておきます。卵の尖っていない、丸っこい部分です。

穴をあけると、割れないか心配という方もいらっしゃいますが、殻はもともと目に見えないほどの、とても小さな穴が空いているので、針ほどの穴をあけても、卵の生身が漏れてしまうようなことはないです。

大きく穴をあけすぎると、茹でている途中で、白身が熱湯に飛び出すことがあるため注意して行いましょう。

あらかじめ酢を大さじ1入れてから茹でると、白身が飛び出すのを防ぐことができます。

酢にはたんぱく質を固める力があるためです。

 

●ゆで卵を茹でる時の注意点

・新鮮な卵は使用しない

産みたてから、2周間経過した卵を使用するのがおすすめです。卵の表面は人間の目だけでは確認できないほどの、とても小さな穴が空いており、卵はそこから呼吸しています。

卵の殻の中には、たくさんの二酸化炭素が含まれていますが、時間が経過していくにつれて、呼吸とともに、外気に漏れ出してしまうのです。

二酸化炭素が抜け出した頃の卵は、熱湯を通したときの密着させる力が弱くなります。そのため、ゆで卵にするには、新鮮なものではなく、ある程度期間が過ぎたものを調理するとよいでしょう。

・卵を常温に戻しておく

卵を水の温度と同じにしましょう。

熱湯に通す前の卵を冷蔵庫から取り出しておきます。水と卵のあいだで温度差が少ないほど、卵の茹でる時間を短縮することができます。

調理10分まえくらいが目安です。気温の高い夏の時期などはもう少し時間を短くしてもよいです。

あまり長時間、常温で放置しておくと、卵が痛む原因となりますので注意が必要です。

・水から茹で始める

お湯から茹ではじめるほうが、早いように感じますが、実は逆です。

卵と水の間にあまり温度差がないほうが、早く効率的に熱が行き渡ります。

かならず水から茹で始めることが、ゆで卵を早く仕上げるコツです。

熱湯を先にくぐらせるなど、急激な温度変化を卵に与えると、茹でるのに時間がかかるうえ、ひび割れなどしてしまう原因を引き起こしてしまいます。

・水の量

卵全体が、隠れるくらいの量をいれましょう。

少なくしたい場合は、卵が半分隠れるくらいでも、ゆで卵を作るには十分です。

水を少なくして作るときは、必ず鍋に蓋をするようにしましょう。

お湯が沸騰し始めたころが蓋をするタイミングです。

・卵の黄身を中心に持ってくる

卵の黄身を、きれいに真ん中に持ってくる方法があります。

お湯が沸騰するまでの間、箸で卵を転がすようにしてみましょう。

こうすることで、出来上がりのとき、黄身がきちんと真ん中にできています。

 

まとめ

ゆで卵の殻には、新鮮さを保つ不思議な仕組みがあった!

おいしいゆで卵を作るには、工夫した熱湯の加減が必要であることを知りました。

上手に殻がむけたときの感動を味わってみてください。きっとゆで卵を作るのが楽しみになります。

半熟や固めなど自分なりにアレンジすることで、特別においしいゆで卵に巡り会えますよ。

コメント